So-net無料ブログ作成

万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ / 松岡 圭祐(著) [本]


万能鑑定士Qの事件簿 IV (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 IV (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2010/06/25
  • メディア: Kindle版



万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫)

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/06/23
  • メディア: 文庫


ちょっと飽きてきたかな。つまらなくはないんだけど、やっぱりミステリといえば連続殺人とか密室殺人とか、たまには猟奇殺人なんてのも含めて殺人事件が起きないとネ^^100%好みによるんでしょうけど。
あとはダン・ブラウン(著)のラングドン教授シリーズのような作品の方が好みかな。そういった作品の間に読む分には気楽に楽しめてよいとは思う。とはいえ、本シリーズだけでも先は長いのにスピンオフまで含めると・・・何冊あるんだっけ?読破はあきらめよう^^;

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ / 松岡 圭祐(著) [本]


万能鑑定士Qの事件簿 III (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 III (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2010/05/25
  • メディア: Kindle版



万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫)

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/05/25
  • メディア: 文庫


シリーズ前2作で大混乱に陥った日本経済はあっさりと回復した模様^^;その辺の設定は引きずらない様です。
それはともかく物語は面白かったです、ただ主人公である凛田莉子の天然ぶりが影をひそめてしまったのは残念。1・2作目は笑えもしたのにな。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ALL YOU NEED IS KILL / 桜坂 洋(著) [本]


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: 桜坂 洋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/12/18
  • メディア: 文庫



All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/12/18
  • メディア: Kindle版



トム・クルーズ、エミリー・ブラント主演で製作された同名映画の原作。
原作ではあるのだが・・・映画では登場人物であったり設定などを基にはしているが“別物”に近い。
まぁ、トム・クルーズが主演なのだから新兵というわけにはいかないだろうし・・・
映画の方はカッコよさが全面に出ていて視覚効果もよく満点を付けたわけですが、原作の方はまた別の面白さがありました。結構ユーモアが効いているし、ケイジとリタとの“梅干し対決”なんかは周りに人がいたけど笑ってしまったし、そうかと思えばラストは結構ハードボイルドだったりもしてこれはこれで満足^^
原作、映画ともに鑑賞して思うのは“リタ”役のエミリー・ブラントはピッタリのイメージでした^^ 映画でもクールなだけでなく、コミカルなシーンもあったらもっと面白かったんだろうな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ロスト・シンボル /ダン・ブラウン(著) [本]


ロスト・シンボル(上中下合本版) 角川文庫

ロスト・シンボル(上中下合本版) 角川文庫

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2014/04/25
  • メディア: Kindle版



ロスト・シンボル (上) (角川文庫)

ロスト・シンボル (上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/08/25
  • メディア: 文庫



ロスト・シンボル (中) (角川文庫)

ロスト・シンボル (中) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/08/25
  • メディア: 文庫



ロスト・シンボル (下) (角川文庫)

ロスト・シンボル (下) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/08/25
  • メディア: 文庫



「ロバート・ラングドン」シリーズ3作目。これで4作目の「インフェルノ」も含め年内に読破の目標達成^^
ただ、本作「ロスト・シンボル」はシリーズ中では一番入り込めなかった作品。なんか抽象的過ぎて、他の作品のようなドキドキ感は乏しかったかな。映画化は「インフェルノ」より後になりそうだし、主演はトム・ハンクスのままのようだが、本作のみ監督がロン・ハワードではないみたいなのでガッカリな結果にならなければよいのですが・・・・
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ / 松岡 圭祐(著) [本]


万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 文庫



万能鑑定士Qの事件簿 II: 2 (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 II: 2 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2010/04/25
  • メディア: Kindle版


第1巻からの続きのエピソード。“力士シール”から随分と大がかりな事件に展開してしまい、どうなることやらと期待半分で読み始めた本シリーズですが、さすがに映画化されるだけあって、余計な心配でした^^
登場人物もユニークで楽しめました。全12巻かぁ、先は長いですが読んでみようかと^^
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ/松岡 圭祐(著) [本]


万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 文庫



万能鑑定士Qの事件簿 I: 1 (角川文庫)

万能鑑定士Qの事件簿 I: 1 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2010/04/25
  • メディア: Kindle版


今月の末から映画が公開されるシリーズの1作目。このエピソードだけ2巻にまたがっているとのこと。まずは1冊読み終えたところです、面白いのですが話が飛躍しすぎていて「夢オチ」なんてことにならなければよいのですが、2冊目を読み始めたところ^^
映画化されたのは第9巻なのでまだまだ先だな^^;
でも全部読むことになりそうなので全12巻がひとつにまとまった「全事件簿」をDLしておけばよかったかもしれない。お得だし特典もあるようだし。

万能鑑定士Q:全事件簿 (角川文庫)

万能鑑定士Q:全事件簿 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2014/04/25
  • メディア: Kindle版



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ダ・ヴィンチ・コード / ダン・ブラウン(著) [本]


ダ・ヴィンチ・コード(上中下合本版) (角川書店単行本)

ダ・ヴィンチ・コード(上中下合本版) (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2014/04/25
  • メディア: Kindle版



ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫



ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫



ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: 文庫



ロバート・ラングドン シリーズ2作目。(映画ではこちらが1作目となっています)
「天使と悪魔」に引き続き読むのは2度目となる本作。よい作品は何回読み返しても面白いものです。月に1冊位のペースでしか読めないのでなかなかそうもいきませんが^^;
このシリーズは映画とセットで楽しみたいところ、本作でいえば絵画「最後の晩餐」の注釈などでは文章ではイメージし難いところが映像だと直感的に理解できたり、逆に文章の方が多くの情報が得られたりと、より楽しめたりもするのでお薦めです^^
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

天使と悪魔 / ダン・ブラウン(著) [本]


天使と悪魔(上) (角川文庫)

天使と悪魔(上) (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/10/25
  • メディア: Kindle版



天使と悪魔(中) (角川文庫)

天使と悪魔(中) (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/10/25
  • メディア: Kindle版



天使と悪魔(下) (角川文庫)

天使と悪魔(下) (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/10/25
  • メディア: Kindle版


ロバート・ラングドン シリーズの1作目。(映画では順番が入れ替わり本作が2作目となっています)
原作も映画もそれぞれどちらから鑑賞しても無理はないかと思いますが、まぁ、それぞれ製作順の方が無難かと思います。
本作は既に一度読んでいるのですが、もう一度読みたくなり購入^^文庫本があったのに引っ越しの際に全て売ってしまったのはもったいなかったな。ついでだから、他の2作も再読するつもりなのですが、本作も読み終えるのに2カ月近くかかってるし・・・今年中には読破できるかな^^
物語はかなり過激なサスペンスなのですが、ストーリーの軸となるのは史実や実在する団体・建物なのでリアリティもあってグイグイと引き込まれていきます。最近では一番のお気に入りのシリーズ^^v

<文庫版>

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: ペーパーバック



天使と悪魔 (中) (角川文庫)

天使と悪魔 (中) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: 文庫



天使と悪魔 (下) (角川文庫)

天使と悪魔 (下) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

インフェルノ / ダン・ブラウン(著) [本]


インフェルノ(上下合本版) (角川書店単行本)

インフェルノ(上下合本版) (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: Kindle版



インフェルノ (上) (角川書店単行本)

インフェルノ (上) (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: Kindle版



インフェルノ (下) (角川書店単行本)

インフェルノ (下) (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: Kindle版


タブレットを購入し、しばらく遠ざかっていた読書を再開。
初の電子書籍購入は「ダ・ヴィンチ・コード」などの原作者ダン・ブラウンの最新作である本作。
既に映画化が決まっており2015年12月に公開される予定。監督・主演はロン・ハワード、トム・ハンクスが続投するということも嬉しいニュース。
一方、一作前の「ロスト・シンボル」の映画化も発表はあったもののその後進展はない様子。こちらもロン&トムで製作して欲しいところですが残念ながら監督は変わるようです。
★★★★☆

紙版はこちら

インフェルノ (上)  (海外文学)

インフェルノ (上) (海外文学)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: 単行本



インフェルノ (下) (海外文学)

インフェルノ (下) (海外文学)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/11/28
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画